テラスハウス軽井沢ネタバレ3話!3人が流した涙のわけは?

テラスハウス軽井沢ネタバレ3話!3人が流した涙のわけは?

テラスハウス軽井沢編の第2話が終わり徐々に共同生活に慣れてきたメンバーたち。

放送直後は、まだメンバーの仲がぎこちない感じでした。

 

しかし、第2話では共同生活にも慣れ様々なことが起きましたよね。

雄大が、安未に親子丼の作り方を優しく教えたりしてアタックを開始しました。

 

至恩も、つば冴を『草津温泉』デートに誘い、あなたが待ち望んでいたテラスハウスがついに動き出します。

また、雄大や安未といった個性的なメンバーが騒動を起こし、ますます目が離せません。

 

そして、第3話ではあの雄大を含むメンバー3人が涙を流すシーンがあり、熱い展開になっています。

そこで、今回はテラスハウス軽井沢編第3話のネタバレをしようと思います。

 

軽井沢メンバー3人が、どういう理由で涙を流すのかご覧になってくださいね。

 

テラスハウス第2話のあらすじ

テラスハウス軽井沢ネタバレ2話!軽井沢で見せていない安未の保証とは!?

テラスハウス軽井沢編第3話のメンバーは以下の6人になります。

  • 中村貴之(なかむらたかゆき):31歳・プロスノーボーダー
  • 岡本至恩(おかもとしおん) :22歳・モデル
  • 新井雄大(あらいゆうだい) :19歳・料理人志望
  • 佐藤つば冴(さとうつばさ) :22歳・アイスホッケー選手
  • 治田みずき(はるたみずき) :26歳・フリーライター・通訳
  • 小室安未(こむろあみ)   :20歳・明治学院大学3年

 

テラスハウス第1話で作った鍋の残り物から雄大がスープを作るところから始まります。

そのスープを食べながら今後のことを話すメンバーたち。

 

安未は、大学の友人と予定があるらしく昼食を友人ととります。

その時に、テラスハウスで感じている本音を友人にぶつけます。

 

安未の本音は、酷いものでテラスハウスメンバーには猫を被っているのがわかりました。

 

その日の夜、男子部屋で雄大が『安未のことが気になる』と言い安未にアタックすることを宣言します。

そして、次の日に宣言通り実行に移します。

 

雄大と安未が一緒に昼食を作り、その流れでデートに誘うのでした。

そして、もう1人デートに誘った人がいます。

それは、至恩です。

 

至恩は、仕事で忙しく『テラスハウスに溶け込めていない』と話すつば冴を、草津温泉に誘うのでした。

至恩と雄大のデートはどうなるのでしょうか。

そして、第3話へ。

 

テラスハウス軽井沢第2話のネタバレはこちらからご覧になれます。

⇒テラスハウス軽井沢ネタバレ2話!軽井沢で見せていない安未の保証とは!?

 

テラスハウス軽井沢編第3話ネタバレ

テラスハウス軽井沢編第3話では、あることがあり雄大と貴之が涙を流します。

その出来事で、雄大と貴之の仲が急激に仲良くなります。

 

そして、つば冴もあることで涙を流すことになります。

いったい3人になにがあったのでしょうか。

また、どのような理由で涙を流すのでしょうか。

 

では、第三話のネタバレを始めたいと思います。

テラスハウス軽井沢編の第3話をまだ視聴していない人は注意してくださいね。

 

メンバーの目標

テラスハウス軽井沢編第3話は、至恩がつば冴をデートに誘った日の夜から始まります。

ダイニングで、以下の4人が会話をしています。

  • 雄大
  • 至恩
  • みずき
  • 安未

の4人です。

 

その内容は、『テラスハウスでの目標や将来の夢について』です。

雄大は、もちろん料理人になることです。

安未は、『就職するよりモデルになりたい』と言い就職のことを考えていない様子。

 

また、みずきに『(モデルになれなかったら)就職するのなら何になりたいの?』と聞かれます。

その答えは、『・・・何もない』でした。

 

みずきの目標は、第2話で話していたようにブランドを立ち上げて成功するというもので、失敗しても死ぬことはないからやってみると真剣に語っています。

 

つば冴のテラスハウスでの目標

会話が盛り上がっているところにつば冴が帰宅します。

遅めの夕食をとろうとしたつば冴が、雄大と安未に『親子丼どうだった?』聞きます。

 

安未は、すかさず『ダメだったー』と答え、雄大が『ダメだった言わないで』と少し険悪な雰囲気に・・・。

そのやり取りを聞いていたみずきは、『よかったよー』とフォローします。

 

会話が続き、つば冴のテラスハウスでの目標の話に。

つば冴は、アイスホッケーの日本代表選手を目指しているみたいなのですが、年齢的にギリギリだと深刻そうに答えます。

 

また、2月に大きな大会があり、その結果で今後のことを考えるみたいですね。

 

安未を誘いプレイルームへ

会話が、途切れたタイミングで至恩が安未を誘いプレイルームへ。

安未のことが気になっている雄大は、複雑そうな表情を浮かべ至恩を見ます。

それに、気付いたのかすぐに移動する至恩。

 

プレイルームについた2人は共通の話題であるモデルについて会話をします。

モデルをしている至恩は、モデル志望の安未のことが気になったようですね。

そして、話は雄大のことに。

 

雄大が、安未のことが気になっていることを知っている至恩はある質問をします。

それは、雄大のことをどう思っているか?という質問でした。

 

安未の答えは、『中学生みたい。雄大と話しているとヒヤヒヤする』というもので雄大のことを男として意識していないみたいです。

 

雄大の本当の目的

至恩と安未が、プレイルームで会話している時ダイニングでは、雄大がみずきとつば冴に過去を告白しています。

 

雄大が、告白した過去の出来事は以下のものです。

  • やればできると思っていたができなかった
  • いつも、おばあちゃんにお小遣いをもらっていた
  • お金が無くなったら実家に戻っていた
  • 親のクレジットカードを無断で使用していた

などと語り、テラスハウスに来た本当の目的は自立することだと告白します。

 

また、料理人になりたいのも『自立』したいからっていうのも驚きです。

過去を告白し終わった雄大は、落ち込んでいます。

 

そんな、雄大にみずきが『やる前から落ち込むな!安全な日本でやるんだから。死なないから。やれよ!』と咤激励します。

そうした、みずきの想いに雄大の心も響いたようでした。

 

貴之がスノーボードを始めた理由

翌日の夜、テラスハウスメンバーが珍しくリビングに全員揃います。

そこで、貴之が去年のスノーボード動画を編集しています。

 

その動画に映っている貴之は、凄くカッコ良くメンバー一同驚いていました。

会話も弾み、楽しそうに話すメンバーたち。

そして、どうしてスノーボードを始めたの?という話になります。

 

貴之曰く、3番目の兄貴に憧れてスノーボードを始めたらしく、現在も兄貴の後を追いかけている最中みたいです。

 

父への想いを語る貴之

兄貴の話から、貴之の身の上話に・・・。

貴之には、尊敬する父親がいます。

今年に入って、その父親に大腸癌が見つかったみたいで、ある想いが強くなっていると話します。

 

それは、『おやじを安心させたい』ということです。

現在の職業であるプロスノーボーダーの契約金では、食べていくことができません。

 

また、自身が立ち上げたスノーボードアパレル『ブリュークローズ』でも食べていけないそうです。

ですので、年々年老いていく父親に、自分の力だけでやっていける姿を見せて安心させたいと熱く語ります。

 

そして、その熱い想いを聞いた雄大は、思い詰めるような表情をしているのでした。

貴之の想いが伝わったのでしょうか、それとも・・・。

 

貴之の熱い想いを聞いて雄大が思うこと

会話が、終わりメンバーが解散します。

リビングに残ったのは、貴之と思い詰めた表情の雄大だけでした。

思い詰めた表情の雄大に、貴之が理由を聞きます。

 

そうすると、雄大がぽつぽつと理由を話しだしました。

どうやら、昨日自分の過去をみずきに話たことで、咤激励されたことが心に残っているみたいです。

 

そして、貴之の父親への想いを聞いて動揺しました。

どうしてかというと、雄大には母親がいないらしく、父親とおばあちゃんが育ててくれたのだとか。

 

そのおばあちゃんが、心筋梗塞で倒れたみたいで、貴之の父親の話を聞いて似ていると思ったからです。

 

雄大と貴之が涙する理由

貴之の、父親への想いを聞いた雄大は、自分が今までしてきたことを思い返すように貴之に話します。

 

それは、大好きな父親とおばあちゃんに迷惑ばかりかけてきてしまったこと。

そして、何もできていない、孝行できていないと涙をにじませます。

 

また、『だから、料理だけは頑張りたい!それだけは、絶対に曲げたくないと思ってて』と涙を流しながら貴之に想いをぶつけました。

 

そして、貴之も雄大の家族に対する気持ちがわかるので、『わかるわ・・・。いいよ、その歳でそこが気付ければ』と涙を流していました。

 

分かり合えた2人は、握手をし一緒にお風呂へ。

このことで、雄大は貴之のことを慕うのでした。

 

つば冴もまた・・・

翌日の午後。

つば冴の実家が、蕎麦屋だと聞いた4人(貴之、安未、みずき、つば冴)は、つば冴の実家で昼食をとることにします。

 

久しぶりに、実家に帰るのがうれしいのかつば冴は、にこにこしています。

そして、つば冴の父親も娘が帰ってきたが嬉しいのでしょう、にこやかに対応します。

 

それもそのはずで、蕎麦屋の名前が『冴沙(ささ)』というのですが、つば冴とつば冴のお姉さんの名前から店の名前を決めるほどなのです。

 

そして、昨日の貴之の話を聞いたからなのか、つば冴も自分の身の上話をします。

それは、小学5年生だった時にお母さんが亡くなったというもので、それ以後はお父さんが男手1つで育ててくれたというものでした。

 

テラスハウス軽井沢メンバーつば冴の悩み

場所が変わり、つば冴がアイスホッケーの練習をしているスケートリンクになります。

そこで、激しい練習をしているつば冴。

 

その練習時間も、1時間半を越え夜中の23時になっています。

練習を終えたつば冴は、チームの監督である行田さんと話をしています。

 

その話とは、12月にあるアイスホッケーの予選のことで、全日本選手権大会に行くために絶対に優勝しなければならないというものでした。

 

また、全日本選手権大会に参加するのが目標ではなく、優勝をするのが目標だと聞かされます。

しかし、つば冴にはずっと悩んでいることがあり、そのことを監督に打ち明けます。

 

それは、昨シーズンからキャプテンに就任したつば冴ですが、懸命にしたにもかかわらず結果が出ないということでした。

 

つば冴が涙する理由

監督に悩みを打ち明けたものの表情が冴えないつば冴。

なぜだろうと思い見ていると、その理由が明らかになりました。

 

それは、つば冴には『日本代表選手』になるという目標があり、ずっと頑張ってきたらしいのです。

しかし、このままだと年齢的にも厳しくなり、日本代表選手に選ばれなくなると焦っているのだとか。

 

でも、チームや仲間が大好きでやめるにやめれないと言います。

そして、『大好きなチームと仲間で優勝したいという気持ちが強くて・・・』とチームと自分の目標のことで葛藤し、涙を流してしまいます。

 

また、『甘ったれた感情に活を入れるために、優勝できなかったら・・・他のチームに移籍するのもありかも・・・』と監督に想いの丈を打ち明けるのでした。

 

その想いを聞いた監督は、『このチームのエースはつば冴しかいない!』と言い、『私もこのチームで優勝したい!このチームをつば冴が引き上げてほしい』と熱く語るのでした。

 

テラスハウス軽井沢第2話のネタバレ まとめ

いかがでしたか。

今回は、雄大、貴之、つば冴が涙を流した理由と第3話についてまとめてみました。

前回の話と違って、第3話では多くの涙について語られています。

 

雄大は、今まで家族に迷惑をかけてしまい情けなく思う気持ちから涙を流し。

貴之は、父親への想いと雄大の家族に対する想いが入り交じり涙を流す。

 

そして、つば冴はチームと自分の目標での葛藤から涙を流しました。

前回とは、毛色が全く違いましたが、3人の悩みや想いが聞けてよかったと思われた方も多いのではないでしょうか。

 

特に、今回のことで雄大が成長してくれることを願います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テラスハウス軽井沢ネタバレ9話!卒業!逃げ出す雄大とみずき…

テラスハウス軽井沢ネタバレ9話!卒業!逃げ出す雄大とみずき…

テラスハウス軽井沢ネタバレ10話!伝説が現れる!テラスハウスに嵐襲来!

テラスハウス軽井沢ネタバレ10話!伝説が現れる!テラスハウスに嵐襲来!

テラスハウス軽井沢ネタバレ12話!あと5歳若かったら…

テラスハウス軽井沢ネタバレ12話!あと5歳若かったら…

テラスハウス軽井沢ネタバレ18話!花束を君に!

テラスハウス軽井沢ネタバレ18話!花束を君に!

テラスハウス軽井沢ネタバレ5話!今度はみずきを号泣させた雄大…

テラスハウス軽井沢ネタバレ5話!今度はみずきを号泣させた雄大…

テラスハウス軽井沢ネタバレ14話!つば冴と至恩に訪れる心の変化!?

テラスハウス軽井沢ネタバレ14話!つば冴と至恩に訪れる心の変化!?